安全運転3要素

松山ドライビングスクール

042-587-6151

安全運転3要素認知、 判断, 操作、を整えて運転免許センターの合格ラインを理解していただきます。

検定合格ライン

基本走行とは?

安全な走り方を捉えることです。第一に歩行者、自転車、バイク、等弱者を守ることです。

日本の道路は左走行、ハンドルを握る位置は右、です。

運転席からは左感覚の資格が大きいため、歩行者、自転車、バイクの動きを発見が遅れがちになります。

ドライバーは弱者の安全を守る問題意識をしっかり認識してハンドルを握ることが大事です。

安全な走り方とは?

その1::通行位置を左の幅を常に大きくとって弱者のうごきを早く発見して守りましょう。

その2::進路変更時のハンドル操作は急を避けましょう。

タイミングを判断して3秒間は前後のうごきを正確に読み取るまでハンドルを切っては行けません。

その3::交差点でのよく見えない近くの死角はしっかり自分の目で確かめられる確認をしましょう。

その4::交差道路、交通の流れにおいての優先判断は自分本位の判断は絶対してはいけません。

ドライバーは舵を握る前に上記のような優しいイメージを持ってこそ安全運転者と言えるのではないでしょうか?

合格は上記内容を理解して受験に望むことが合格のポイントと捉えてください。

教習所案内